仕事の話
 仕事行程

 印刷について
印刷はインクと版と印刷される素材を使って行うものです

色について

普通のカラー印刷で使われるインクは、

の4色の掛け合わせによって、ほとんどの色を表現することができます。しかし、どんな色でも正確に表現できるわけではありません。例えば、紙の色より白い(白)とか、金色や銀色などは正確な表現が不可能なので、このような色を出すには特色インクという特別に調合して作ったインクがよく使われています。
CMYK

印刷の版式・方式
「版」にはインクの「つく部分」と「つかない部分」とがあります。この二つの部分の断面の形状によって、版は大きく次の4種類に分けられます。

●凸版印刷

illust

版の凸部にインクを付けて印刷する方法。凸版印刷の代表といえば、活字を使った『活版印刷』です。しかし、現在では、活版よりも

が主流になっています。凸版印刷のはとんどは、版から直接印刷する直刷り印刷で、圧力をかけて印刷することから、鮮明で力強い印刷が出来るのが特徴です。多少凹凸のある紙にも印刷できますが、4色印刷によるカラー写真の再現はできません。

●凹版印刷

illust

版の凹部にインクを入れて印刷する方法。網点再現が難しいことなどから、紙幣や切手、証券など特殊な用途に使われています。

合成樹脂フィルムや建材にも印刷可能。

●平版印刷
凹凸のない版からインクを一旦ゴム布製のブランケットに転写し、そこから紙に刷る方法。版が紙に直接触れないため版が長持ちし、インクが紙に絡むこともなく、

でき、大判の紙にも印刷可能 なことから、日本では最も多く使われています。
illust
●孔版印刷
版自体に穴をあけ、上からインクを通すことで紙に転写する方法です。古くはガリ版、今は

(絹やナイロン、ステンレスなどでできたスクリーンに直接・間接的に穴をあけて印刷する方法)などがこの原理を応用しています。
illust

従来製品とデジタル製版

製版フィルムから刷版を作る場合、フィルムの作り方には2通りあります。従来方式では原稿を文字と写真に分け、文字原稿は写植を打って版下台紙に貼り込んだ後、製版カメラでフィルム撮りします。もう一方の写真原稿は、スキャナを使って分解した上、網ネガとしてフィルムに出力し、文字が入ったフィルムに合成します。この作業が『集版』です。
 これに対してDTPシステムを利用したデジタル製版では原稿をデータ化することによって文字も写真も一括してパソコン上で扱うことができるので『台紙作成』『集版』作業行う必要はありません。完全なデータであれば、それを製版フィルムに出力するだけです。

illust
またCTP(Computer To Plate)というシステムを使えば、製版フィルムを作らずデジタルデータから直接、刷版を作成することができます。
image
page up
Top / What's New / アットチェースとは / 会社概要 / Map / 相談フォーム / Works / 見積り / 仕事の話 / Recruit / Link / プライバシーポリシー
main menu